横浜

桜木町・野毛エリア

桜木町・野毛エリア

 

 野毛は、横浜の最も大きな飲食街です。おでんや焼き鳥、割烹、カラオケなど、とても安い価格で、気軽に楽しめる店がたくさん並んでいます。いたるところで赤ちょうちんが揺れ、庶民の雰囲気抜群です。

 

 また、伊勢山皇大神宮は、明治3年に創建し、天照大神を祭神としているため、関東のお伊勢さんとして親しまれています。初もうでをはじめ、お花見や七五三など、参拝客が後を絶たない横浜の総鎮守です。そして、横浜能楽堂も有名です。さまざまな演目を上演しています。演目のない日は見学もできます。本舞台は旧加賀藩主である前田家の「染井の能舞台」を復元したものです。

 

 一方、野毛山公園と動物園は、明治時代、豪商の別荘だった跡地につくられた公園です。園内に1951年オープンの動物園があり、約130種960あまりの動物が飼育されています。ウサギなどの小動物と触れ合うコーナーが子どもたちに人気です。春は花見客でとてもにぎわいます。

 

 そして、成田山横浜別院延命院もこのエリアにあります。通称、野毛不動尊といわれます。明治3年、本山成田山新勝寺から分霊を歓請して遥拝所を設立し、明治9年に現在地に移って成田山教会と改められました。さらに、明治26年に本山塔頭から寺号を転じて延命院と号した場所です。